print

第七感(セッティエーム・サンス) 歌詞 (lyrics)

中森明菜 (Akina Nakamori)

第七感(セッティエーム・サンス)
枯葉のシャワーあびて 落ちてゆく
薄い日差し のびてく影
ふと背中に 白く弾む息駆けよる
この髪を切ったわけ 知りたいの?
バカねあなた 顔にでてる
もう噂は ここまで届いていたのよ
想い出をかさねて 恋をしてるから
なんだってわかるの
mu- 第七感(セッティエーム・サンス)
確かにあなたよりも 好きみたい
だから今度 今度だけは許したいの
甘くひかえめに アムール
優しさのすべてで恋を包めたら
それはもう愛でしょう
mu- 第七感(セッティエーム・サンス)
枯葉のシャワーあびて 目がさめた
あなたの指 急に熱く肩にふれて
甘くひかえめに アムール
少しだけ幼い 青いブルゾンを
私から脱ぐとき
mu- 第七感(セッティエーム・サンス)
Translated by google translate

Details

第七感(セッティエーム・サンス)
1982
JPOP

TRENDING LYRICS

"第七感(セッティエーム・サンス) translation, meaning in

Add new translation