print

花火 歌詞 (lyrics)

  1. play_circle_outline 白い足跡
  2. play_circle_outline 花火
  3. play_circle_outline 白いハート

奥華子 (Hanako Oku)

花火
君に恋した 夏の日
波音聞こえる帰り道 初めてキスをしたね
いつも約束してたね
真夜中にそっと抜け出して 二人の星探した
砂に書いたあの日の落書き 今も胸の中消えなくて
夏の夜空に 見上げた花火 痛いほど胸に焼きついた
君は何度も背伸びをしながら「届きそうだね」と笑った
君の涙も 僕の弱さも 同じ未来を信じていた
僕はこぼれ落ちそうな想いを夜空に隠してた

もっと優しくできたら
迷わずにいたら 遠くまで君を連れ出せたのかな 
待ち合わせ浴衣姿の君 照れくさくて何も言えなかった
夏の夜空に 見上げた花火 痛いほど胸に焼きついた
ぶつかり合う人なみ分けて 二人だけの場所探したね
通り過ぎてく風の向こうに 答えがあると信じていた
繋いだ手がほどけないように 強く握り締めていた
「君がスキだよ 君がスキだよ」 届かない声で叫んでいた
夏の夜空に 見上げた花火 痛いほど胸に焼きついた
通り過ぎてく風の向こうに 答えがあると信じていた
僕はこぼれ落ちそうな想いを 強く抱きしめてた
君がいた夏の日
Translated by google translate

Details

花火
奥華子 (Hanako Oku)
JPOP

TRENDING LYRICS

"花火 translation, meaning in

Add new translation