白鳥の歌が聴こえる

海からかぞえて三番目の倉庫では
NOを言わない女に逢える
くずれかかった瀞箱の陰には
夜の数だけ天国が見える
白鳥たちの歌が聴こえて来る
YŌSORO  YŌSORO
たぶん笑っているよ
やさしさだけしかあげられるものがない
こんな最後の夜というのに
長く伸ばした髪の毛は冷たい
凍る男をあたためきらぬ
白鳥たちの歌が聴こえて来る
YŌSORO  YŌSORO
たぶん笑っているよ
言い残す言葉をくちびるにください
かもめづたいに運んであげる
いとおしい者へ から元気ひとつ
小さい者へ 笑い話ひとつ
白鳥たちの歌が聴こえて来る
YŌSORO  YŌSORO
たぶん笑っているよ
YŌSORO  YŌSORO
たぶん笑っているよ