print

シーサイド・コーポラス 歌詞 (lyrics)

36.5°C

  1. play_circle_outline シーサイド・コーポラス
  2. play_circle_outline HALF
  3. play_circle_outline 見返り美人
  4. play_circle_outline やまねこ
  5. play_circle_outline 毒をんな
  6. play_circle_outline F.O.
  7. play_circle_outline 最悪
  8. play_circle_outline 白鳥の歌が聴こえる
  9. play_circle_outline あたいの夏休み

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

シーサイド・コーポラス
コーポラスなんて名前をつけたら
本物のコーポラスが裸足で逃げそうな
シーサイド・コーポラス 小ねずみ駆け抜ける
港はいつも魚の脂の匂い
いじめっ小僧はいつも 一人きりで遊ぶのが嫌い
昼寝犬に石をぶつけて 吠えたてられても
シーサイド・コーポラス 小ねずみ駆け抜ける
港はいつも魚の脂の匂い
蒸気船一つ 片付け終らない
大きな白い船は おやすみのあと
蒸気船一つ 片付け終らない
おかみさん 夕暮れに子供らを呼ぶ
潮の匂いはいつも そう、海べりよりも海よりも
飲み屋小路の軒先につかまっているもの
シーサイド・コーポラス 小ねずみ駆け抜ける
港はいつも魚の脂の匂い
Translated by google translate

Details

シーサイド・コーポラス
36.5°C
1986
JPOP

TRENDING LYRICS

"シーサイド・コーポラス translation, meaning in

Add new translation