print

Jyuuon Sai No Knife 歌詞 (lyrics)

  1. play_circle_outline 泣ヶ原
  2. play_circle_outline Piderman
  3. play_circle_outline Tokyo Shinju
  4. play_circle_outline Cassis (Cut Version)
  5. play_circle_outline Wakare Michi
  6. play_circle_outline Barette
  7. play_circle_outline Hanakotoba
  8. play_circle_outline Kare Uta
  9. play_circle_outline 春ニ散リケリ、身ハ枯レルデゴザイマス。
  10. play_circle_outline ~Zetsu~
  11. Jyuuon Sai No Knife
  12. play_circle_outline Doro Darake No Seishun
  13. play_circle_outline Bathroom
  14. play_circle_outline Miseinen (English Translation)
  15. play_circle_outline The Social Riot Machine
  16. play_circle_outline Barrette
  17. play_circle_outline Zakuro Gata No Yuutsu

ガゼット (The Gazette)

Jyuuon Sai No Knife
14歳のナイフ
呜呼、今日もまた晴れた青空がうざい
汚染蚀人ゴミに押し溃されそう
今日もただ苛立つ自分に腹が立つ
消えて呉れ これ以上俺を杀さないで呉れ
呜呼、加速する思春期故の冲动
どうせ周りは俺なんか见ちゃ呉れない
真面目ぶる事に疲れてしまった
もう、お别れさ。日の当たらない「仆」
目を闭じれば思い出す
アスファルトの首 渗む红
Man//nElLy化したテレビはやがて
俺の名前で埋め尽くされる
爱や优しさなんて 裏切りの前戯さ
だからもう谁にも 爱されぬ様に
透明な存在に、不用品になろう
そしたら今よりもずっと楽だろう
うざく晴れた昼下がり
赤いサイレン 愚钝な大人
両手首に 法的拘束
冷たく渗む
耳を澄ませば闻こえる
幼き悲鸣 断切バラード
モザイク越しのクラスメイトは
「まさかあいつが?」とカメラに言った
人を壊す事で愈されてた俺は
骂声の中新しいステージに向かう
モノトーン车窓から微かに见える桜
気付けば街一面 春が咲いていた
十三年後の俺へ 笑えているかい?
きっと何かに気付き変われてるかもしれない
俺はまだ生きてる 罪を见つめながら
うざく晴れた青い空が 见えぬこの监狱で。
    惩役十三年 仮退院まであと一年と四ヶ月
Translated by google translate

Details

Jyuuon Sai No Knife
JPOP

TRENDING LYRICS

"Jyuuon Sai No Knife translation, meaning in

Add new translation