print

りんごのにおいと風の国 歌詞 (lyrics)

OLIVE (1979)

  1. play_circle_outline 最後の春休み
  2. play_circle_outline 帰愁
  3. play_circle_outline 青いエアメイル
  4. りんごのにおいと風の国
  5. play_circle_outline 甘い予感
  6. play_circle_outline 冷たい雨
  7. play_circle_outline 未来は霧の中に
  8. play_circle_outline ツバメのように
  9. play_circle_outline 風の中の栗毛
  10. play_circle_outline 稲妻の少女

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

りんごのにおいと風の国
ハロウィーン
木枯らしのバスが夕暮れの街を過ぎれば
うつむいた人々 どれもが似ている顔
たぶん あなたの愛した
私はどこにもいないの
若さが創った美しすぎるまぼろし
もういけない たずねてゆけない
わかままなあなたをゆるしそう
ハロウィーン
りんごのにおいと風の国へ急ぎます
ハロウィーン
いのこずち ひとつ
くちづけてセーターに投げたの
言えなかった想いを残らずこめるように
そして ストーヴの前で
ぬいだとき気づいて欲しい
小さなブローチ 短い秋のピリオド
もういけない たずねてゆけない
ひたむきなあなたを探しそう
ハロウィーン
りんごのにおいと風の国へ急ぎます
風の国へ急ぎます
Translated by google translate

Details

りんごのにおいと風の国
1979
JPOP

TRENDING LYRICS

"りんごのにおいと風の国 translation, meaning in

Add new translation